現代のお墓、お葬式

お墓参り代行業者を利用した人の体験談〔お墓掃除ナビ〕

人が亡くなると、お葬式を挙げ、遺灰をお墓に納めます。それがふつうのことである、とされています。
もちろん、仏教式に見ればそれがふつうのことであるわけですが、現在、時代の移り変わりとともに旧弊なものであるとの見方も少しずつされるようになったりして、新しいかたちのお墓、墓石などが増えていると言います。
時代の移り変わりによって変わっているのは、墓石が遺灰の上に建つことだけではありません。現代のお葬式というものも変わりつつあります。
人々が墓石を手に入れ、あるいはお葬式を出すというとき、このように時代とともに変化を見せているということには、どんな意味があるのでしょうか。

しかし、社会のこと、社会と、そこに住んでいるわたしたちの関わりや、わたしたちがあらゆるものに関わる姿勢のことを考えれば、それは自ずと見えてくるものではあります。
お葬式も、墓石がお墓に建つまでのことも、わたしたちが社会にある在り方、またそのニーズの多様化によって、さまざまに枝分かれするようになっているのです。
しかし、このことを考えるのには、かつてこれらのことがどういうふうに行なわれていたのか、ということを見る必要があります。
過去どのようなものであったものが、現在どのようなものであるのか。そして、その変化がわたしたちの生活に何をもたらしているのか、ということを考えてみましょう。

初めてのお墓選びってなかなか難しいですよね。お墓專門の会社が東京にあるのでこちらに相談してみてはいかがでしょうか?親切に対応してくれますよ。
安心して依頼できる墓石クリーニング業者なら|お墓掃除110番

Search
Advertisement
アーカイブ